2021/07/06

漏れないパウンドケーキ型の敷紙の作り方



パウンドケーキ型の敷紙完成
パウンド型 敷紙の完成形

馬嶋屋で人気のパウンドケーキ型で最近多いのが

「漏れないパウンドケーキ型はありますか?」

と言うお問合せ。パウンド型は基本的に金属板を折って製型される(鈑金)ため四隅に必ず隙間ができます。
また、別の工法でプレス加工では漏れない作りにはなっていますが、角が丸く仕上がりとなります。

そのため、最近よく使われる米粉などを使用した緩い生地の場合は四隅から生地が漏れる可能性がございます。
敷紙を敷く方法もありますが市販のものは長方形の紙の四隅が切り落とされた十字の形のため敷紙をしいても隙間が空いておりやはり漏れてしまいます。

そこで今回はクッキングシートなどを使用して漏れないパウンドケーキ型の簡単な敷紙の作り方(折り方)をお伝えしたいと思います。

1.紙にしるしをつける

クッキングシートなどを広げ、お手持ちの型を転がしながら底面上下左右の側面の線を引いていきます。

底面・側面の線

型の上面となる側面の線を延長します(下図の赤線)。

赤線の交差部分と黒線の交差部分の対角線を引く(下図の青線)・

線に沿って折り目を入れる。

四隅の余る紙を外側へおる(下図)。

余った部分を型の短い辺部分へ織り込む(下図)。

四隅をすべて同じように織り込む。

型に敷きこんで完成。

まとめ

この方法でしたら隅に穴が開かないため生地が漏れる心配がありません。ペンなどで印を入れる場合は食品衛生上、ペンの印を入れた面を型の外側になるように織り込んで下さい。たくさん数が必要な場合は底面サイズの厚紙などを作っておくとより効率的に作業できます。折り方は様々な方法がありますのでいろいろとお試し下さい。